diary

官庁街TNR半歩前進&子猫受け入れ中止

まずうちに入れる予定だった子猫、今面倒見ている方が情が移ったようで中止となりました。

本日、担当者の方とお会いし無事捕獲器設置の許可をいただくことができました。愛知県県庁などを管理する担当部署の方々にはとても感謝しています。
あとは捕獲するのみ(これが難関)。残る母猫1頭、頑張って捕獲したいと思います。

これをきっかけに官庁街全体のTNRが進めば言うことなしですね。

官庁街の野良猫が野良猫の供給源に

2018年秋より始めた官庁街TNR、ほんの一部ですが私がかかわらせていただき、5頭中4頭まで手術を終えることができました。「が」、肝心の母猫1頭が先月子猫を産み、そしてその子猫が出てこなくなり(保護されたとポジティブに考えてます)、いよいよそのお母ちゃん猫をやらなくてはいけません。
この子がものすごく用心深く、賢く、そして他の誰かからゴハンをもらって空腹の時間はマレ、という超難関猫。
何度やってもダメ。ダンボールの箱の中に置いたゴハンは食べても、捕獲器の中に置いたゴハンはけっして中に入って食べようとはしません。

う~~ん、困った。また子供ができてしまう。
なんとかしてこの春の間に手術しなければ。

現場である「愛知県自治センター」の植え込みの中に捕獲器を1週間ほど置かして(隠させて)もらい、その中でゴハンを食べる癖をつけてから手術日に捕獲しようかと画策しています。
先程電話でお願いし、現在設置許可が出るのを待っているところです。

自治センターに限らず、ここ一帯の官庁街は夜間人通りがなく、色んな人がゴハンを持ってきます。ほんの一部のえさやりさんが、これまた一部の猫のみ不妊手術をしてくれていますが、それ以外は未手術の放置状態です。

産まれてもカラスやたぬきにやられてしまう子猫。信号が少ないため車のスピードが速くひかれてしまう猫も少なくありません。そして大きくなり周囲の住宅地へ拡散してゆくものも多いと思われます。
一帯が野良猫の供給源になっていることは明らかです。

この官庁街というところは、猫が増えても誰からもかわいがられることなく、その上誰からも苦情が出ません。このことが不妊手術や猫を減らす活動を進めるのをとても困難にしています。
かわいがられることがないため人には馴れず、ゴハンはもらえるため空腹であることは少なく、しかも隠れるとこをは無限にあるという、TNR超難関地区なのです。

責任の所在が“不明確”どころか無責任の塊のようなところになってしまっている場所。

「苦情が出ないんなら、別にいいじゃないか」
いやいや。死ぬために産まれてくるような猫を減らす事が重要。
なんとかならないものでしょうか・・・

中央がお母ちゃん。またがっているのが子供(手術済み)

子猫もうすぐ入ります

公園の「おじさん」、久々に会って積もる話を。
猫が生まれ、猫が捨てられ・・・。

1週間ほど前にも、約一ヶ月齢の子猫が捨てられたそうです。現在近所のおばさん(約70歳)のお家でお世話されているそう。

今のうちなら里親さんが見つかるので、私にバトンタッチすることにしました。木曜日に連れてこれるかな?

乞うご期待。

弱者

自分の子供を虐待死させ、小学生を包丁で切りつけ、50頭以上の猫を風呂場で殺す。

なぜこういうことが頻繁に起こるんだろう?
自分の不満をぶつける矛先が弱者に向ける“大人”。

公園で猫の世話をしていると、子供が猫を走って追いかけ回すのを注意もせずおしゃべりしている親がいる。こっちが怒るとたいていは「野良猫に餌をやって・・・」と逆ねじ、逆ギレをしてくる。
犬の散歩で犬が公園の猫に向かっていっても止めようとせずにリードを持ったまま一緒に犬と向かってゆく飼い主もいる。

他者を思いやる気持ちが醸成されないままオトナになってゆく、そんな人間が増えたような気がしてならない。

ゴロー、これ持ってくか?

土曜日にお届けとなったゴロー。ようやく怖がることなく家をウロウロしてくれるようになり、良い状態で送り出せそうです。

兄ちゃんたちに囲まれ、遊んでもらい、ごはんを横取りし、仲良く暮らしてきたけど、向こうにひとりで行って、大丈夫かなぁ・・・?そこだけが心配です。

今日、IKEAに行って見つけたもの。野菜の詰め合わせ。200円しませんでした。こりゃ遊ぶ!と買ってきましたよ。一緒に持ってくか?

ゴロー 子猫らしく

夜中、なにやらモゾモゾ動くモノで目を覚ます。おなかのあたりを押す何か・・・。
ゴローでした。
布団の中に入ってきて私のおなかでおっぱいを探していたようです。
人間を恐れ、逃げる事が多かったゴロー、ようやく警戒心を解き始めてくれたようです。

トイレも覚え、家の中好きなところへ行き、先住にもジャレて仲良くやってます。
里親募集、いつスタートしてもOK。推定4月1日生まれの男の子。

ご興味のある方はお問い合せくだちゃい。

ウズ

前々回の日記に書いたガリガリに痩せて出てきた「ウズ」ちゃん、14日に保護しそのまま病院。そして昨日15日も補液をしに通院。

今日は朝から何も食べず何も飲まず、夕方ミルクを口に入れても断固拒否。保護後一日3回糞尿垂れ流し状態でした。

先ほど、いつものニャンズにごはんやって帰ってくると、亡くなっていました。

まだほんのり温かく、体を揺らし「ウズーー」と声をかけても、もう逝ったあとでした。
明日お花を入れて火葬場に連れてゆきます。

1年半ほど前、急に現れた子。アメショーの血が入っているのか柄にうずまき。それが名前の由来です。現れた時はまだ子供の顔していました。
よ〜く食べぶくぶくに太り、冬を乗り越え元気に過ごしてきました。

享年2歳。短い生涯でした。
今度は強い体で生まれてこいよ。

捨て猫1頭・・・

いつものように地域猫の基地へゴハンをやりに行くと、

「ウェイ ウェイ」

子猫です。
しばらくなかったのですが久々に捨てに来ましたね。1頭黒に薄い縞柄模様。ツツジの植え込みに入り込んでいたので、捕獲器にて捕獲。とりあえず折りたたみケージに。

「カッ!!」
すごい空気砲。

目も目ヤニで固着することもなくまぁまぁきれいで、ハニャ水もうっすら程度。入れた段ボール箱を見てもノミの糞は見当たりません。ゴハン、パクパク。

翌日朝、“トイレに”オシッコといいウンチ3つしてありました。エラいぞ!
体重計ってみると560g。ひと月半でしょうか。4/1生まれとします。男の子。

空気泡にひるまず抱っこできます。パンチや噛みつきは一切なしです。膝の上にのせるとおびえながらもおとなしくしています。やんちゃな甘えた・・・。

今日2段ケージに引っ越しさせたので、一応フロントラインスプレーをします。

5/15夜

けいちゃんの手術中止します

今日けいちゃんのえさやりさんとお話できました。
結論から言いますと断尾手術は中止します。

理由は、5年ほどこの状態のままであること。それとこの子は一番の古株でもう10才以上だそうです。
したがってリスクを冒してまで手術をすることは辞めておこうということになりました。
前回の日記で治療費のお願いをしましたが、上記のようなことになりましたので、取り急ぎお知らせさせていただきました。

☆☆☆

昨日保護したウズ、水様便で日に3回ほど垂れ流してます。
今日も通院して補液してもらってきましたが、食欲あるのがせめてもの救いです。昨日2.4kg、今日2.35kg。がんばれ!

☆☆☆

ウズに食べさせようと子猫用パウチ数個買ってきました。

言わんこっちゃない。
近所で子猫が捨てられました。捕獲器で捕獲し今折りたたみケージで過ごしてもらってます。
(たぶん)男の子、5月なので「ゴロー」くん😅。
黒に薄縞模様。きれいな目してます。
強制ナデナデで半馴れになりました。
PC故障で写真アップできず。悪しからず。

「ウズ」食欲あれど

一晩ケージの中で過ごしたウズ、昨夜けっこうごはん食べましたが、けっこうご飯を嘔吐&下痢…。もちろんパルボのような劇症ではありませんが、一気に食べすぎて消化が追いついていない、という感じ。

よって今朝からは”ちょっとずつ作戦”です。部屋は膿のニオイで充満していますが、この子は水もよく飲み食欲も旺盛なのがせめてもの救い。おとなしいいい子です。

ウズ、もうちょっとうちでがんばろか

急患「ウズ」ガリッガリに痩せて・・・

今日いつもの場所でいつものニャンにゴハンをやっていると、「にゃ~にゃ~!」と絞り出すような声を出してフラフラ歩いてくる1頭の猫。
「ウズ」です。約2年前突然現れた子猫でした。いつもは100mほど離れたところで他の方からゴハンもらっているのですが初めてこっちへやってきました。

あばら骨が浮き出てガリッガリ。そして強烈な膿のニオイ。よっぽど腹が減っていたのでしょう。口を痛がりながらなんとか食べていました。
たまたま「箱」があったので即、捕獲&病院へ運び込みました。



現れた直後からえさやりさんがゴハンをやりなんとか定着させ、去勢したあとはぶくぶく太り元気に動き回っていた子です。ひと月ほど前、口をよだれだらけにしてしているのを目撃しましたが、 寄っては来ても触れない猫で、どうすることもできませんでしたが、 ここまで悪化していたとは・・・。



重症の歯肉炎でした。とりあえず痛み止めのステロイドと補液をして今うちにいます(さっき缶詰完食しました)。

けいちゃんの手術費用

今日病院で聞いてきました。しっぽの写真を見てもらい、やはりこれは断尾手術になるであろうということ、手術費用は割引価格にしても3万5千円ほどになるということです。
こちらのプール金が数千円ショートしております。厚かましお願いですが、ご支援いただけるとありがたいです。

今日は2日ぶりに会えました。
私に顔や声を覚え、1mくらいまでに寄れるようになりました。もともと人懐っこい子ですので(えさやりさんにはゴロゴロ)、触れる様になるまでそれほど時間はかからない感触です。できるだけ馴らしてキャリーに入れて連れてゆこうかと思ってます。

けいちゃん 痛いのか痛くないのか?

5/10の食事風景です。ちょっと寄れるようになりました。



しかし様子は至って普通。
見ると悲惨ですが、痛みがあるのか?
痛がっていたり気にしている様子はありません。
よく見ると水ぶくれのようなものもあり、色が真っ赤なのでうっ血、炎症はあると思うので、本人は鈍痛はすると思うのですが・・・

この状態で1年以上過ごしていることが信じられません。


大丈夫なんだろうか?

しっぽ赤むけの子、「けいちゃん」

昨日書いたしっぽ赤むけの子「けいちゃん」と名付けました。
警察の”けい”です(詳しい場所名は伏せます)。今日もご飯やってきましたがちょっと距離が縮まりました。呼ぶと近寄ってくるようになり、カリカリにオカカふりかけたのをパクパク食べてます。元気食欲はあるので安心。

そもそもこの子なぜだか女性にはベタベタなんです。ご飯をあげない人にもそれが女性ならベタベタ。不思議な子です。

☆N様、ありがとうございました。

尻尾が赤むけになり血がにじむ猫

私がゴハンを上げている猫ではありませんが、今年2月頃より知った隣のエリアにいる子です。

この子は尻尾に何らかの問題をかかえており、先端から約10cm、毛が抜け皮膚が丸出しで赤むけの状態。
しかも血がにじんでいたり時にしたたり落ちていたりします。
*画像は5月4日撮影。赤むけの下の部分に白い毛が生えてきていますが、これが何なのかわかりません・・・

この状態が1年以上続いているそうで、えさやりさんは抗生剤を飲ませるのがやっと。

私にはまったく馴れておらず、えさやりさんに捕獲をお願いする必要があるのですが、病院へゆけば破傷風を防止するためにも断尾手術になるかと思います。

経験上4~5万はかかるかと思います。
治療費ご協力いただければありがたいです。
ちょうど先日治療費をプールする場所を作りましたので、ご興味のある方はご覧ください。 またご質問があればご遠慮無くお問い合わせ下さい。

子供産まれたか?・・・TNR休止

向かって左側のミケサビが母猫(右は息子のちくわ君)。”官庁街TNR”最後の1頭です。

全然捕まりませんでした。
とても賢く用心深く、そして気性が荒い。先日私の頭を叩いたのもこいつです。

決まっった時間に決まった場所でご飯をあげ続けてきましたが、最近、現れないことが頻発。気性の荒さといい、もしかしてもしかすると・・・

とりあえずこの子の捕獲、避妊手術は休止します。
かわいいチビを連れてくるのか?

捕まらんなぁ・・・

GW中で、ゴハンももらえないだろう。
きっとお腹ペコペコで出てくるんじゃないかな?
そう思い、残ったメス猫1頭の捕獲を敢行。

見事玉砕・・・

お腹いっぱいなのか、出ても来ませんでした。
他の猫達もお腹いっぱいであまり食べません。

不特定多数のえさやりさんが存在する野良猫の捕獲ほど、難しいことはありません。

あぁあ・・・疲れた

痛っ!ちょっとなにすんのぉ

いつものようにノラちゃんにゴハン。

「よぉし!おなかすいたかぁ。今日はカリカリねぇ」

「痛っ!ちょっと、なにすんのぉ!!😫 😫 😫 」

うつむいてゴハン用意していたら、”パンパン!”

頭たたかれた・・・

「な~んでそんなことすんのぉ!?あんたのゴハンやっとんの!!そんな事するんならもうやらんよ!!!😫」

泣いて帰ってきた

テンちゃん、正式譲渡!

名古屋城から出てきてゴハンをもらっていたテンちゃん。

子どもたちをひと足早く里親さんへ託し、そして先日よりトライアルを開始し、本日無事『正式譲渡』となりました。

野良で生きてきたであろう成猫が幸せを掴んだ瞬間でした。

寒さに震えることもない。

観光客におびえて暮らすこともない。ゆっくり過ごすんだよ。

ビヤンくん、手術

またおしっこの出が悪くなったビヤン。レントゲンには膀胱にたくさんの石が映っていました。

ということで緊急手術。膀胱を開け石を摘出。ついでに去勢手術も。
動画は日曜日お見舞いに行ったようです。まぁまぁ元気。
水曜日に退院予定です。

本日は、お城TNRで「とら吉」くん捕獲

この冬よりお城の中からゴハン時に出てきだした男の子「とら吉」くん。徐々に城の外に慣れたのか、決まった時間にいつもいるようになり、ついでにこねくり回せるほどに・・・。
捕獲器のなかにごはんを置き、
「はいはいこの中でごはん食べてねぇ」。
自分で入ってゆきごはんパクパク。ある程度食べたところで扉を締めて

「はい捕~獲!」先ほど病院へ連れてゆきあす手術です。

官庁街TNR 1頭避妊&リリース

一昨日、官庁街の「サビちゃん」避妊を終え、リリースしました。

12月初旬からゴハンをやり続け、ようやく決まった場所に決まった時間に来てくれるようになり、捕獲することができました。騙し討ちしたようでサビちゃんには悪いのですが、これからは立派な「地域猫」として暮らしてもらいます。